人生を堪能する遊びの事なら,kikeys barへどうぞ

トノカバーは、ややこしい

 

 発表当時、色々と不具合が報じられたアウディ TT ですが

 

毎年改良が重ねられて熟成されております。

 

モデルチェンジされたタイプは

 

初期モデルのずんぐりとした可愛い外観を替えてしまいました。

 

 

私は、初期の丸い形が好きなので

 

ちょっと残念に思っています。

 

 

ワーゲン・ビートルも

 

ポルシェ911も

 

 

すらりとスタイルが良くなって

 

可愛さが無くなってしまった様に感じて

 

ちょっと寂しい気がします。

 

 

 

遊びの車に求めているものって

 

性能と効率だけじゃないんですけれどね・・・

 

 

 

 

 

さて

 

それでは

 

その、まあるい形の

 

初期モデルの TT ロードスターですが

 

 

これ

 

クアトロの設定がありまして

 

 

 

アウディのお家芸

 

4輪駆動のモデルです。

 

 

 

いやぁ

 

ほんと素晴らしいです

 

さすが4駆の老舗

 

 

物凄い安定感がある走りです。

 

 

 

そしてそして

 

 

そのクアトロモデルは

 

な・な・なんと

 

通常の2駆モデルよりも40ps以上も高出力に

 

なっております。

 

 

 

 

 

 

そしてマニュアルミッションの設定にもなってまして

 

可愛い外観から想像出来ないぐらい

 

豪快な走りが堪能できるのです。

 

 

これ

 

知らないと損しますね  的なチョイスだと思います。

 

通常のTTは無いですが

 

クアトロって選択は大いに有りですね。

 

 

 

 

 

車の後ろ姿は非常に大事です。

 

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

それは

 

 

通常の交通の流れで見るのは

 

 

ほぼ

 

 

前を走る車の後ろ姿だからです。

 

 

 

 

 

 

 

前からの姿って

 

すれ違いの一瞬と

 

バックミラーに映る一部分ぐらいだものねえ

 

 

 

 

 

 

開けた幌が自動でカバーの下に潜り込む様な仕様の車だと

 

ボタン一つで OK!

 

 

の場合が多いですが

 

 

軽量でシンプルな構造の幌を持ってる車の場合

 

 

多くは、幌を開ける動作と

 

 

トノカバーを装着する手間と

 

二手間かかる事が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックを解除してレバーを起こす

 

 

 

 

 

 

そして、レバーをひねって幌を浮かしておきます

 

 

 

その後

 

 

電動のオープンスイッチで幌をいっぱいに開けます。

 

 

 

 

 

 

そのまま走り出しても良いとは思いますが

 

 

トノカバーを装着すると

 

 

見た目がすこぶるヨロシイですね。

 

 

 

 

 

面倒で無ければ・・・・・ですが。

 

 

 

 

通常

 

 

サッと付けれるカバーが多いのですが

 

 

この TT の場合

 

 

ちょっとコツが必要ですので

 

 

彼女とお出かけするのなら

 

事前に練習しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

トノカバーの後ろ側に

 

車両後部に装着されているゴムバンドを掛けます

 

 

 

 

バンドを引っ掛ける様になってるので

 

ここは判りやすいです。

 

 

 

 

 

 

古くなってくると心配な部分ですな〜〜

 

ビロビロに伸びちゃったらテンション掛からなくなっちゃいそう。

 

 

 

 

 

 

バンドを掛けた状態で

 

カバーの後ろを車両の内側に潜りこませます

 

 

 

 

 

樹脂製のカバーは、そこそこの厚みと強度がありますので

 

たわませて、よっこらしょ!!  ってやります。

 

 

 

 

 

 

前側の淵は

 

小さな溝に滑り込ませるのですが

 

ここも

 

たわませながら・・・・よっこらしょ!!   って。

 

 

 

 

 

 

きっちりと入ると

 

 

素晴らしく綺麗にまとまりますので

 

 

変な形になってたら

 

 

どこかがちゃんと入って無いと思います。

 

 

良く見てみましょう

 

 

 

 

 

 

カバーが全て綺麗に収まっていたら

 

 

左右にあるフックが

 

カチッとロック出来ます。

 

 

 

 

 

取り外しの場合は

 

 

ロック解除ボタンを押して

 

フックを外してからカバーを外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

装着した状態を見てしまうと

 

 

やっぱ

 

 

付けたくなりますよね

 

 

 

綺麗ですもんね

 

 

これ。

 

 

 

 

いいね

モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連ページ

ポルシェ初心者心得
締め付けトルク 空冷ポルシェ
ポルシェ911SC
35年前の車なので、あちこちめげてる車多いです 妥協点を見つけるのが難しいモデルです。
ポルシェ911(タイプ964)のエンジンのオイル交換
ポルシェ911ツインディスビ
ポルシェ911 雨漏れ フロントフード編
雨漏れ修理は大変よ〜!!
ポルシェ911フューエルポンプ交換911(964)
ポルシェ911(964)ベルト交換
ポルシェ911 エバポレーター交換
ポルシェ911(タイプ996)
ポルシェ911(964)ブレーキパット交換
エアコン・フラップモーター(ポルシェ964系)
ポルシェ928
ポルシェ928 パワーウィンドウ/サンルーフ リレーユニット
ポルシェ928 エバポレーター交換
ポルシェ928 トルクチューブ
ポルシェカレラ4のフロントデフ下ろしてみた
ポルシェ カイエン
ベンツA180
ジャガー ダブルシックス
ヤマハ ビラーゴ250
BMW M6
ガラスコーティング
古いバイクを直しましょう        スズキマメタン OR50
懐かしの古いバイクに乗りたくなり 不動車を何とか動く様にとやってみる・・・ そんなシリーズです
ホンダステップワゴン(RF3)エンスト
トヨタ ボクシー VOXY サイドブレーキ強制リリース
スバル アウトバックのタイミングベルト交換してみた
マセラティ クーペ

ninjya



 
トップページ お酒の事 音楽の話 バイクと車 ベランダ菜園 ラブさんたの部屋