人生を堪能する遊びの事なら,kikeys barへどうぞ

ステップワゴン(RF3) あるある

 

 

 平成14年式ステップワゴン RF3のエンスト修理なのだ

 

 

まずは、コンピューター診断で故障メモリーの呼び出しをします

 

なにかトラブルを抱えていると

 

 

車のECU (コンピューターね) が覚えているので

 

それを呼び出してチェックしてみる事から始めます

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

今じゃ車の修理はコンピューター診断が無ければやっていけませんね

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

だからと言ってコンピューター診断が万能では有りません

 

 

故障コードが入って無くても

 

故障している部分はあるのです。

 

 

 

 

 

それを見つけ出すのが修理屋さんなんですね

 

 

難しい時代になりました。

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

エンジンは直ぐにかかります

 

そしてアクセル踏んで回転上がるのも、調子も悪く無い

 

 

 

ただ

 

 

アクセル離すとアイドリングせずにエンストします。

 

試しに

 

アクセル軽く踏み続けてると

 

綺麗にエンジンは回っています。

 

 

 

・・・・・・・・と言う事は

 

 

 

 

アイドリング時の何かが悪くなっていると言う事ですね

 

 

 

 

このRF3はスロットルが電子制御の電スロじゃ無いので

 

アクセル離すとスロットルが閉じ

 

アイドリング時はバイパスのエア通路でアイドル回転数を調整しています

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

スロットルの下にバイパス通路の長穴が開いています。

 

この穴から入った空気が

 

調整バルブを通って

 

スロットルの下流側に流れます。

 

 

この空気の流量を調整して

 

アイドリングの回転数を調整しているのです

 

 

 

 

その根本である

 

調整バルブが今回の悪さの原因である可能性があります。

 

 

 

 

このバルブにカーボンが付いたり

 

バルブ自体の動きが悪かったりすると

 

今回の様な症状が出ます。

 

 

 

 

かなりの走行距離を走ったり

 

エンジンオイルのメンテがおろそかであったりすると

 

良く発症するみたいです。

 

 

 

 

 

試しに

 

 

キャブクリーナーで清掃作業してみましょう

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

かなりの汚れが浮き上がってきました

 

 

コーヒー豆のカスの様なものも沢山出てきました

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

ジョイントのホースにクラックやひびが無いか

 

チェックは必ず必要です。

 

 

このRf3では無いですが

 

エアマスの下流側にゴム製のホースが存在する車の場合

 

 

その部分のヒビ割れなどで

 

2次エア吸い込みで

 

同じような症状が出ます

 

 

 

 

今、流行りのプラスチック製のインテークマニホールドなんか

 

 

古くなって劣化が進むと

 

2次エアの吸い込みする可能性が大きいですね

 

 

最近の車は長持ちする様には作って無いようですね。

 

 

実際びっくりしたのは

 

 

エンジンをオーバーホールしてまで使うと言う考えは

 

メーカーにはとっくの昔に無くなってしまっていると言う事です。

 

 

 

何故かと言うと

 

 

ピストンやピストンリングのオーバーサイズの部品設定が最初から無いのです。

 

 

 

え?マジで?

 

 

ってびっくりする人は判ってらっしゃいますが

 

 

判らない人の為に・・・・・

 

 

 

 

それはね

 

 

 

エンジン壊れたら

 

車を買い替えて下さいと言う

 

 

メーカーからのメッセージです。

 

 

 

つまり

 

 

 

車はすでに

 

 

使い捨ての時代に入ったと言う事です。

 

 

 

車を買ってきて

 

 

スイッチ入れたら壊れるまで使う。

 

 

それは

 

壊れるか

 

ちょっと古くなったら買い換える・・・・・

 

 

 

という

 

 

家電製品に近くなってしまったと言う事ですね。

 

 

 

 

だからこそ今

 

 

 

昔の古い車の値打ちが上がってきているのでしょう。

 

 

ネオクラシックの中古車が異常な価格高騰で

 

 

びっくりする様な価格になってます。

 

 

いやはや凄い時代になりました。

 

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

清掃後

 

 

エンジンかけると

 

 

しっかりとファーストアイドルがアップしています

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

そして、暖機後アイドルは落ち付いてしっかりと回ってます。

 

 

そこからアクセル煽ってみても

 

ストールせず綺麗にアイドルしています。

 

 

 

 

 

 

はい!

 

RF3の、あるあるトラブルでした。

いいね

モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連ページ

ポルシェ初心者心得
締め付けトルク 空冷ポルシェ
ポルシェ911SC
35年前の車なので、あちこちめげてる車多いです 妥協点を見つけるのが難しいモデルです。
ポルシェ911(タイプ964)のエンジンのオイル交換
ポルシェ911ツインディスビ
ポルシェ911 雨漏れ フロントフード編
雨漏れ修理は大変よ〜!!
ポルシェ911フューエルポンプ交換911(964)
ポルシェ911(964)ベルト交換
ポルシェ911 エバポレーター交換
ポルシェ911(タイプ996)
ポルシェ911(964)ブレーキパット交換
エアコン・フラップモーター(ポルシェ964系)
ポルシェ928
ポルシェ928 パワーウィンドウ/サンルーフ リレーユニット
ポルシェ928 エバポレーター交換
ポルシェ928 トルクチューブ
ポルシェカレラ4のフロントデフ下ろしてみた
ポルシェ カイエン
ベンツA180
ジャガー ダブルシックス
ヤマハ ビラーゴ250
BMW M6
ガラスコーティング
古いバイクを直しましょう        スズキマメタン OR50
懐かしの古いバイクに乗りたくなり 不動車を何とか動く様にとやってみる・・・ そんなシリーズです
アウディ TT ロードスター
トヨタ ボクシー VOXY サイドブレーキ強制リリース
スバル アウトバックのタイミングベルト交換してみた
マセラティ クーペ

ninjya



 
トップページ お酒の事 音楽の話 バイクと車 ベランダ菜園 ラブさんたの部屋