人生を堪能する遊びの事なら,kikeys barへどうぞ

911SC クォーターシール交換

 

 35年も前の車なので

 

あちこちヨレがきてますけれど

 

新車当時の状態を知らない者にとっては

 

こんな物か?と思ってしまいますね。

 

 

これは

 

 

残念ではありますが

 

仕方ありません。

 

何せ

 

シャキっとさせたければ

 

フルレストアという作業になってしまいますので

 

 

それはそれは、びっくりする程 お金がかかります。

 

 

 

 

 

なので

 

ほとんどの方は

 

程よい妥協点を見つけ

 

そこそこの所で楽しんでいらっしゃいます。

 

 

 

それが微笑ましくもあり、カッコ良くも見えたりするのです。

 

なんか余裕って言うのか

 

懐の大きさって言うのか

 

そんな大人な雰囲気を感じますね。

 

 

 で

 

 

そんなオーナーさん達のほとんどは

 

車がぶっ壊れても

 

目くじら立てて激怒する事は無いのです。

 

壊れたら、直せばいいじゃん ってスタンスが素敵です。

 

 

人間

 

窮地に立たされた時ほど

 

本質が出てくるもので

 

 

周りを見渡せば

 

反面教師となる逸材が、そこここに存在しております。

 

 

世知辛い世の中ですが

 

あんな風にはなりたくないと

 

日々、精進の毎日を過ごしております。

 

 

 

 

・・・・・・・・と言う

 

長い前置きの後

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

911のリアクォーターシールの交換です

 

 

 

って言うか

 

 

クォーターパネルの錆を修理するのに

 

ガラスを外すと言う行為が必要なので

 

ガラスを外す ↓

 

シールを外す ↓

 

硬化しているので千切れる ↓

 

交換する羽目になる

 

 

とまぁ

 

こんな感じになるのですね。

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

錆を見つけたら

 

早い目の手当てが必要です

 

 

 

末期がんになってからでは遅いですもの

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

ガラス下のモールは、プラスビスで止まっております

 

モール下にコーキング材がたっぷり補充されている物も有るので

 

脱着の際は要注意です

 

無理に引っ剥がそうとすると

 

モールが変形して オジャンになります。

 

 

 

シールの外側には

 

細い飾りモールが付いていますが

 

実はこれが大変慎重な作業を要するパーツなのです

 

 

ガラスとシールを先にボディに組み込んじゃいますと

 

後から入れるのにえらい苦労します。

 

 

 

 

なので

 

最初に組み立ててから

 

セットで車に組み込みます。

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

ガラスを組み込む際は

 

 

ロープをシール溝に、一周巻きつけて

 

ボディ外側に押し当てる

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

ロープを車の中から引っ張って

 

シールのインサイドを車の内側に引っ張り込む

 

 

 

一周回って・・・・・・・・・

 

 

 

 

  完成!!

 

 

 

 

 

 

 

  とまぁ

 

文字にしちゃうと簡単だけど

 

これが中々

 

熟練の技が必要になってきます。

 

無理な状態で

 

引っ込みつかなくなって

 

力任せに押し込む様な事をすると

 

シールが痛んで

 

 

雨漏れの原因になります

 

 

何の為にシールを換えたのか?

 

 

って事にならない様に・・・・・ね?

 

 

 

 

パーツa@  911 543 035 01    左リアクォーターシール  ¥16416 込

 

 

 

 

 

 

 

 

911SC エンジン音ガラガラ鳴ってます

 

 ある日突然

 

エンジンかけると、ガラガラ異音がする様になった。

 

かなり大きな音なので

 

初めて経験する人は、大変びっくりする事でしょう。

 

 

これは

 

 

カムチェーンのテンショナーが壊れて

 

チェーンの張りが保てなくなった事によって

 

暴れるチェーンの音です。

 

 

いずれにせよ

 

 

早く修理しないと

 

チェーンが切れたりしたら大変です。

 

 

テンショナーの修理や

 

同等の物に交換も良いですが

 

ここでは

 

モディファイする例を上げてみます。

 

 

 

 

 

それではまず手順ですが

 

 

エンジン側のオイルドレンを外して

 

オイルを抜いておいた方が

 

作業しやすいと思います。

 

そして

 

カムチェーンのカバーを外すには

 

 

リアのマフラーを外し

 

チェーンケースに接触しているカバーを外したら

 

カバー全体が見えてきます。

 

そしてカバーを外して

 

テンショナーの交換をし

 

カバーを穴の開いた物に交換します

 

センサー類は組み換えで良いですが

 

ガスケットは交換した方が良いですね。

 

 

 

オイルホースを分岐したものに交換

 

パイプをジョイントし

 

 

カバーの切り欠きを作り、取り付け

 

 

マフラーを元通りに組むと出来上がり。

 

 

 

ざっくり言うとこんな感じです。

 

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

右がSCに使われているタイプのテンショナーで

 

左が改良型のテンショナーです

 

SCの物は

 

オイル封入タイプで

 

古くなったらテンションが保てなくなります。

 

 

左の物は改良型で

 

930に使われている

 

エンジンオイルのプレッシャー圧をかけるタイプの物です

 

 

こちらは

 

エンジンが、かかっていれば

 

オイルを圧送し続けるので

 

よっぽどの事が無い限り

 

メンテナンスフリーですね。

 

 

古いタイプのテンショナーが壊れた場合

 

ほとんどの人は

 

改良型の物に変更されています。

 

 

ただし

 

オイルラインの増設が必要になりますので

 

ケース、オイルホース、オイルパイプ、その他もろもろ

 

930の物を揃えてもいいですが

 

キットとして色んな所から発売されていますので

 

オークションやネット販売などを検索されても良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

930のチェーンケースです。

 

 

オイルラインの通る穴が開いています

 

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

 

新しくオイルの通路が出来るので

 

右側のケースのパイプが通る所に

 

切欠きを作る必要があります。

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

テンショナーを外した所

 

カラーが入っているので落とさない様に

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

テンショナーを縮めてピンが指してありますので

 

取り付けは簡単

 

 

組み付けた後

 

ピンを抜くと勢いよく伸びます

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

ピンを抜く前にもう一度確認を・・・・

 

チェーンとガイドの位置などがズレて無いか? とか

 

忘れ物が無い様にしないといけません。

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

テンショナーのオイル通路がケースの穴から覗いてます

 

 

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

左側のパイプは

 

カバーの上側を通るので

 

切欠きを作る必要は無いですが

 

右は

 

もろにカバーが干渉します。

 

 

仮に合わせてマーキングして

 

ベビーサンダーなどで、さっと削ります。

 

 

 

切り口は錆びない様に

 

筆指しでもしておいてください。

 

 

 

注意点として

 

 

クーラー装着車は

 

コンプレッサーの取り付けステーが邪魔になりますので

 

外す必要があります。

 

 

また

 

カバーの10ミリボルトも

 

右側が

 

クーラーコンプレッサーが邪魔で見えにくいです

 

ホース類は外さずに

 

脇へ除けておくと良いでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連ページ

ポルシェ初心者心得
締め付けトルク 空冷ポルシェ
ポルシェ911(タイプ964)のエンジンのオイル交換
ポルシェ911ツインディスビ
ポルシェ911 雨漏れ フロントフード編
雨漏れ修理は大変よ〜!!
ポルシェ911フューエルポンプ交換911(964)
ポルシェ911(964)ベルト交換
ポルシェ911 エバポレーター交換
ポルシェ911(タイプ996)
ポルシェ911(964)ブレーキパット交換
エアコン・フラップモーター(ポルシェ964系)
ポルシェ928
ポルシェ928 パワーウィンドウ/サンルーフ リレーユニット
ポルシェ928 エバポレーター交換
ポルシェ928 トルクチューブ
ポルシェカレラ4のフロントデフ下ろしてみた
ポルシェ カイエン
ベンツA180
ジャガー ダブルシックス
ヤマハ ビラーゴ250
BMW M6
ガラスコーティング
古いバイクを直しましょう        スズキマメタン OR50
懐かしの古いバイクに乗りたくなり 不動車を何とか動く様にとやってみる・・・ そんなシリーズです
ホンダステップワゴン(RF3)エンスト
アウディ TT ロードスター
トヨタ ボクシー VOXY サイドブレーキ強制リリース
スバル アウトバックのタイミングベルト交換してみた
マセラティ クーペ

ninjya



 
トップページ お酒の事 音楽の話 バイクと車 ベランダ菜園 ラブさんたの部屋