人生を堪能する遊びの事なら,kikeys barへどうぞ

空冷ポルシェの締め付けトルク

 

kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

   空冷ポルシェのエンジンは車両下側に抜いて下ろします。

 

 

   リアの小さなスペースにエンジンを詰め込んでいるので

 

   小難しい修理の場合は

 

   さっさと下ろしてしまった方が簡単に作業出来ます。

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   タイプ964になって補器類がゴチャゴチャ付きましたが

 

   930までの空冷エンジンなら

 

   大層な作業も無くエンジンが下ろせるのです。

 

 

   ここら辺のシンプルさが、ワーゲン・ビートルの流れをくんでますね。

 

 

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

 

 

 

   1990年辺りの車だと

 

 

   2015年の今年は実に25年の歳月が経っている事になります。

 

   人間だとまだまだこれからなんですが

 

   車の場合は、かなりのご老体になります。

 

   車齢の短い国産車の場合だと

 

   ほとんどが現存していない事でしょう。

 

 

 

   ポルシェは車の中では

 

   車齢の長い部類に入ります。

 

   そして、そのほとんどが今でも現役で稼働出来る状態です。

 

   と言うのも

 

   それは

 

   メーカーが今でも補給部品を供給しているというのが

 

   物凄く大きいですね。

 

 

 

   修理してまだまだ使えるのに

 

   やむなく乗り換えしなくちゃならない風潮の

 

   日本車では考えられないサービスですね。 

 

 

 

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   空冷エンジンなので、水漏れは無いですが

 

   オイル漏れはありますね。

 

 

   でも

 

   まぁ25年も経てばそりゃ 漏れますわな。

 

 

   964の場合

 

 

   Oリングというゴムのシーリング材が

 

   劣化により

 

   オイルを止め切れずに

 

   漏れだしてしまうのですが

 

 

   仕方ないですね

 

   ゴムですもの

 

 

 

   オイルのホース類も

 

   劣化により、オイル漏れがし出します。

 

 

   まぁ

 

   一度替えておけば

 

   当分の間は安心なんですけれど

 

   費用等の問題が有りますので

 

   どこまで我慢して

 

   修理に出すか。

 

 

 

   そこは

 

   各オーナーさんの

 

 

   考え方次第ですね。

 

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   930はシンプルでいいですね

 

   余計なカバー類が無いので

 

   作業性が抜群!

 

 

   エンジンオイルの漏れも

 

 

   964よりは、ましだと思います。

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   ブルーのゴムリングが問題のシール材です

 

 

   物凄い熱量の所に使用されているので

 

   耐久性など

 

   テストしていると思うのですが

 

   この当時は

 

   日本の夏の渋滞の過酷さまでは

 

   計算出来ていなかったようです

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   純正パーツの価格が

 

   飛び抜けて高いので

 

 

   皆さん、社外品を使ったりされてますが

 

 

   このスルーボルトのOリングだけは

 

   純正品を使用した方が良いようです

 

 

 

   このブルーの物は社外品です

 

   純正品はオレンジ色をしています。

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   試しに

 

 

   純正品と社外品と

 

   オイルに漬けて

 

 

   引っ張りっこしてみたところ

 

   社外品は直ぐにビロビロに伸びて

 

   しまいました。

 

 

   再作業したく無い所などは

 

   極力、トラブルの種は無くしておきたい所ですね

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   ちなみにこのエンジン

 

 

   ヘッドガスケットは付いて無いです・・・

 

 

   圧縮が抜けないのか不思議でなりません

 

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   1気筒ずつバラバラで独立しているのですが

 

 

   ガスケット無しで組み付けても

 

   各気筒の誤差が少ないのでしょうね

 

 

   工作制度の高さの表れでしょうか

 

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   物凄くぺったんこなエンジンです

 

   重心位置を低く出来るのが

 

   水平対向エンジンの良さですね

 

 

   911は、排気管をこれまたぺったんこにして

 

   地面すれすれにエンジンをセットしています。

 

 

   これほど重心位置の低い車は

 

   見た事有りませんね

 

 

   kikeys bar,スコッチ,サーフィン,ハーレー,ライブ,ポルシェ

 

 

   左右に繰り出すコンロッドを

 

   ぶつからない様オフセットしてあり

 

   1、2、3番シリンダーと

 

 

   4,5,6番シリンダーがズレてます

 

 

   エンジンを上から撮影しておりまして

 

   写真左側が車両前方になり

 

   下側が左バンクになります。

 

   そして

 

 

   車両後方からみて

 

   左バンク手前から

 

   1番2番3番となります

 

 

   写真では

 

   下側のバンク右から左へ向けて

 

   1、2、3番となります。

 

 

   ヘッドボルトの締め付けトルクは

 

 

   2回に分けて締める方式です

 

 

   一回目は、15Nmで全ボルトを締めます

 

 

   そして2回目は角度で締め付けます

 

 

   90°という角度までレンチを回す方法です

 

 

   ちなみに、どれぐらいのトルクが

 

   かかっているのか?

 

   知りたくて

 

 

   色々と試してみたら

 

   意外と低いトルクでびっくりしました。

 

 

   大体6〜7s辺りだと思います。

 

 

   ますます不思議だ

 

   圧縮比が11以上有るのに

 

 

   圧漏れしないですね、こんなのでも。

 

いいね

モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連ページ

ポルシェ初心者心得
ポルシェ911SC
35年前の車なので、あちこちめげてる車多いです 妥協点を見つけるのが難しいモデルです。
ポルシェ911(タイプ964)のエンジンのオイル交換
ポルシェ911ツインディスビ
ポルシェ911 雨漏れ フロントフード編
雨漏れ修理は大変よ〜!!
ポルシェ911フューエルポンプ交換911(964)
ポルシェ911(964)ベルト交換
ポルシェ911 エバポレーター交換
ポルシェ911(タイプ996)
ポルシェ911(964)ブレーキパット交換
エアコン・フラップモーター(ポルシェ964系)
ポルシェ928
ポルシェ928 パワーウィンドウ/サンルーフ リレーユニット
ポルシェ928 エバポレーター交換
ポルシェ928 トルクチューブ
ポルシェカレラ4のフロントデフ下ろしてみた
ポルシェ カイエン
ベンツA180
ジャガー ダブルシックス
ヤマハ ビラーゴ250
BMW M6
ガラスコーティング
古いバイクを直しましょう        スズキマメタン OR50
懐かしの古いバイクに乗りたくなり 不動車を何とか動く様にとやってみる・・・ そんなシリーズです
ホンダステップワゴン(RF3)エンスト
アウディ TT ロードスター
トヨタ ボクシー VOXY サイドブレーキ強制リリース
スバル アウトバックのタイミングベルト交換してみた
マセラティ クーペ

ninjya



 
トップページ お酒の事 音楽の話 バイクと車 ベランダ菜園 ラブさんたの部屋